アーチャー伝説 マルチ募集掲示板
マルチへGO!

【デススト】K7北配送センターからマウンテンノットシティまでの道のりを山ボーイします!

運び屋なちょすです!

さぁさぁ山ボーイは今日も元気に山に登りますよ!

K7北中継ステーションから、K7北配送センターまでの荷物を担いでレッツラゴーです!

40分以内に運べ!という指令がボスから出ているので、モチのロンでバイクにまたがってテロリスト集団の本拠地の真ん中を突っ切ります!

 

【押しとおーーる!!】

 

意外と早く着きました!

7分弱でK7北配送センターに到着しました!

バイクで意気揚々と出発したはずなのに、K7北配送センターに到着したときには徒歩になっている理由は、調子に乗って押し通りまくっていたら川に流されて危うくどざえもんになりかけたからという裏事情があります!

それでも7分弱!

ナイスラン!

 

ナニワともあれK7北配送センターもカイラル通信が繋がりました。

ヒゲ帽子のおじさんとご対面です。

サッサと次の配送に向かおうと思ったのですが、ボスからプライベートルームで休めとの指令が出たので強制休憩することになりました。

これは何かイベントなニオイがします。

 

ということでプライベートルームでおやすみなさい。

服ぐらい着替えたらどうでしょうと思うのは禁止です。

 

夢の中で久しぶりに登場です真っ赤なドレスの姉さん。

そしてその後ろに不穏な影が迫っております。

「俺はヒッグス」がいます。

イヤな予感しかしません。

 

姉さん後ろ!

ってか姉さん笑ってない!?

 

ザックリ刺されて倒れた姉さんから奪ったネックレスをちゃっかり装着する「俺はヒッグス」さん。

似合いますね、ヒッグスさん。

 

夢から飛び起きたらそこにも姉さんがいました。

姉さんの場所までヒッグスがやってきて姉さんピンチのようです。

どうやらさっきの夢はまぁまぁ正夢のようです。

予知夢です。

 

ラスボスはヒッグスでしょうか。

姉さんのところまでたどり着くためには、かなりのドンパチを繰り返す必要がありそうです。

くじけそうです、姉さん。

おとなしくピザの配達だけしておきたい気持ちで一杯ですが、踏ん張って姉さんのところまで辿り着きたいと思います。

見ていて下さい姉さん。

 

ということで次なる目的地はマウンテンノットシティです!

マウンテン!

目的地方向の山には雪が積もっております!

バイクで到達できるのでしょうか。

「今回の荷物はバイクの振動に弱いから注意しろ」とか言われたにも関わらず当然のようにバイクにまたがっているのですが大丈夫でしょうか。

 

とりあえず出発!

なるべく振動を与えない平地を選んで進みます!

なんとしてでもバイクでマウンテンノットシティまで到達してみせます!

運び屋の名に懸けて!

 

と思いましたが無理です!

完全にバイクでの到達は無理です。

途中でテロリストに襲われて死にそうになりますし、ちょっとした振動でビービー警告音がなって「ダメージを受けている」メッセージが連発で表示されますし。

そしてこの雪山です。

調子に乗って雪山を駆け上っていたら傾斜の強いところですってんころりんして背中の荷物が振動に耐え切れず大爆発してゲームオーバーになったことだけは内緒にしておこうと思います。

 

危険な雪道は避けつつ少しずつ山道を登っていきます。

もっとちゃんとマップをみながら安全地帯を進んでいけばよいのですが、割と適当に目に付くルートを通っているので、無駄に遠回りしていたり無駄に危険地帯を通っていたりするのですが、そんな行き当たりばったりが楽しくて仕方がありません。

許せサムよ。

 

そして山道を乗り越えた先に見えましたマウンテンノットシティ!

岩が宙に浮いている場所が見えますね。

カイラル濃度が高いのでしょうか。

 

とりあえず拠点内に入って荷物を納入したところ、初対面の女性に説教を喰らっております。

カイラル通信は繋がない。

UCAにも加入しない。

面倒なことには巻き込まれたくないので必要な荷物だけ置いてサッサと帰りなこのクソサム野郎!

 

とまでは言われておりませんが、ブリッジズに協力する気はないようです。

ただこの女性がカイラル通信を繋ぐためのキーマンになっていることは確かなようです。

だいたいゴネる人はキーマンです。

 

そしてボスからの通信でゴネる彼女の情報を聞き取ります。

「彼女がそこのリーダーなんて知らなかったんだ」とかボスは言ってましたが、ある程度の予測はできるでしょうボス。

わかる範囲で色々と教えて下さいよボス。

後だしと小出しの連続で完全に手探り状態の旅なんですけど。

 

どうやらゴネている女性はロックネという名前で、ママーの双子の妹とのことです。

今後のカイラル通信を安定して繋ぐためには彼女の協力無しではできないとのことです。

 

そこにマウンテンノットシティの人からメールが届きました。

とりあえずそのことをママーのところに行って相談してくれ的なことを言われました。

マジですか。

死に物狂いで山道登ってマウンテンノットシティまで来たのに、何もせずにまた下山してママーのところに行くのですか。

で、そのあとどうせまたすぐここに戻ってくるのですよね。

いちいちママーのところに行かなくても、それこそ通信で話しましょうよー。

そのための通信でしょうよー。

どうでも良いときは勝手に通信に入ってくるのに、なぜこんな大事な局面でダンマリ決め込んでいるのですかママーさん。

 

 

と思っているところにまたメールが届きました。

ピザの配達依頼です。

知らん!!

 

ということで来た道を戻ります。

マウンテンノットシティを出てすぐに雪が降り出しました。

おお、これは幻想的、とか思っていたら、この雪も「時雪」とかいうヤバいやつ!

触れたものの時間を急速に奪うらしいです。

どういう仕組み!?

とにかく急げぃ!

 

そして時雪から大雨に変わりBT出現です。

面倒にもほどがあります。

どうしよう、またバトルするかと思っていたところに、ふと妙案を思いつきました。

(川に流された状態で移動すればBTに捕まらないんじゃない?)と。

その妙案を試しているのが上の画像です。

とくに荷物は運んでいなかったので、わざと川に入ってひっくり返ってそのまま流れに身を任せました。

 

無事にBT地帯をスルーしました!

ナイス!

スタミナは激減しましたが、コソコソとBTから逃げ回る手間を考えれば全然楽です!

『川に敢えて流されてBT回避』、おススメです!

 

そしてここからはテロリストのトラックを奪って水辺を駆け抜けます!

なんかこの辺りのテロリストは実弾ぶっ放してくるんですけど。

ガチテロリストですやん。

エロテロリストですやん。

こっちもゴム弾全力ブッパですよ。

 

途中で火葬場もありました。

最初の頃に大統領の遺体を火葬場まで運んだことを思い出しました。

またここにも遺体を運ぶイベントがあるのでしょうか。

 

さぁだいぶ平地まで戻ってきました。

薄かった酸素も濃いです!

エロテロリストも追いかけてきません!

駆け抜けろライダー1号!

 

と、その前に近くの拠点によって通過ルート上にある荷物の受注も忘れずしておきます!

ただこれはちょっと欲張り過ぎたかな?

サム、行ける?

サム、行けるよね?

 

そして久しぶりの道路!

舗装された道万歳!

待ってろママー!