アーチャー伝説 マルチ募集掲示板
マルチへGO!

【デススト】またまたカイラル竜巻に巻き込まれて2度目の戦場です!そしてデッドマンの素性が明らかに!

運び屋なちょすです!

さぁBBを直すためにマウンテンノットシティ周辺のカイラル通信をガンガン繋いでいきますよ!

次なる目的地はスピリチュアリストのいる拠点です!

スピリチュアリストって何!?

 

かつてない吹雪に襲われているのですが。

凄いところに住んでいますね、スピリチュアリスト。

 

本気でヤバい吹雪なのですが。

前が見えないだけではなく、荷物の劣化がハンパないです!

武器や装備がガンガン劣化してジャンク品になっていきます!

 

死にかけながらなんとかスピリチュアリストの拠点まで到達できました。

サム、生きてます?

すでに顔から精気が抜けているのですが。

 

そしてスピリチュアリストがキーホルダーをくれました!

どんな効果があるのでしょう。

猛吹雪の中配達をしたお駄賃がキーホルダーでした。

 

ここでデッドマン登場!

BBは直ったとのことです。

ナイス!

でも以前にもサウスノットシティで襲われたカイラル竜巻が今度はマウンテンノットシティに迫っているとのことです。

マジですか。

また戦場行きですか。

そして竜巻のせいでマウンテンノットシティに入れなくなったデッドマンは、近くの山小屋に避難しているのでそこまでBBを取りに来てくれとのことです。

ウソ臭い!

罠の臭いがプンプンします!

その山小屋に入ったら後ろからナイフでブスッと刺されるに決まってます!

でもBBが人質に捕られているので行くしかありません。

 

ということでBBとデッドマンの待つ山小屋に向けて出発!

にしても思ったよりも危険地帯にあるようです山小屋。

そんなとこにどうやって一人で行ったのでしょうデッドマン。

あのスーツ姿の小太りがこの雪山を歩いて山小屋まで行ったのでしょうか。

ますます怪しい。

 

っていうかとんでもない吹雪なんですけど!

スピリチュアリストのときの吹雪とはレベルが違う猛吹雪です!

カイラル竜巻のせいで雷もバシバシ鳴って恐ろしいことになっています。

 

マジヤバいです。

そしてやっと山小屋の姿が見えました。

暖かい暖炉の前で温かいスープが飲みたい。

デッドマンに膝枕をしてもらいながら暖かい毛布を被ってゆっくり休みたい。

 

なんておかしな妄想をしていたら目の前で竜巻に巻き込まれて山小屋が吹き飛びました!

マジか!!

BB!とデッドマンは!?

 

あ、いたデッドマン。

完全に竜巻に巻き込まれています。

若干楽しそうでもあります。

行ってらっしゃいデッドマン。

 

竜巻に巻き込まれて2度目の戦場です。

そしてこの表情のデッドマン。

え、まさかデッドマンを操作してこの戦場から脱出するのですか?

それはそれで面白そうですが。

 

あ、BB繋いじゃった。

それ繋いだらゾンビパパが襲ってきますよ!

大丈夫ですかデッドマン!

 

 

ほらほら出てきましたよ!ゾンビ兵が!

囲まれると結構厄介ですよ!

大丈夫ですかデッドマン!

 

笑ってるやん!

BBパパ笑ってるやん!

「この小太りなら勝てる!」とか思われてるやん!

大丈夫ですかデッドマン!

 

そして唐突にエピソード7がスタートです。

「クリフォード」です。

このBBパパの名前ですねきっと。

 

おおっ!サムも戦場に来ておりました!

ということはデッドマン操作はしなくても良いということですね。

残念なようでありがたい!

 

 

早速デッドマンが通信してきました。

戦場にいるもの同士なら通信できるようです。

 

「おれの身体の70%は死者の臓器でできている」という爆弾発言をぶち込んできますデッドマン。

え、なにそれ。

なにその設定。

あ、だからデッドマンっていう名前ってことですか。

なぜこのタイミングでのカミングアウトですか。

あ、70%死者だから俺はアンデッド兵側につくよとか恐ろしいことを言うつもりでしょうか。

 

とりあえずデッドマンを探してBBを受け取ることになりました。

 

そしてデッドマンとBB発見!

戦場も2度目となると行動も慣れてきました。

1度目と地形は全く違いますが。

 

久々にBBと合体!

さぁあとはBBパパを倒して現実に戻るだけです!

 

キタキター!

雑魚兵4人+BBパパ1人の5人編成です。

たしか3回、いや4回BBパパを倒せばクリアーになったはず。

あちこちに武器が落ちていることはすでに経験済みなので、敵が攻めて来る前に装備を整えて身を隠せる場所で待ちます!

 

やはり1体ずつ確実に倒していく必要がありますね。

囲まれると蜂の巣でやられてしまいます。

もしくはBBパパ一点狙いで突撃するかですね。

1回目の戦場は迷路のような地形でしたが、今回は広い道路上の地形なので、逃げやすいですが被弾もしやすいです。

 

さぁ倒しました!

何気に1回やれてコンテニューしたことは内緒です!

もうBBのことは諦めて天に召されて下さい!

ママー特製のカッターで臍帯切りますよ!

 

近づいてきました。

そしてBBに付けているキーホルダーに反応しています。

それあげるから成仏して下さい。

 

と思ったら襲ってきました!

やっぱりかよパパ!

バイオハザードのゾンビですやん!

揉み合いへし合いの末、BBパパのネックレスをサムが引きちぎったところで意識が飛びました。

 

気が付くとプライベードルームのベッドの上です。

てっきり雪山の中で目覚めるかと思っていたのでこれはありがたい。

 

BBも無事のようです。

でも修理したことでサムの記憶はなくなっているのですよね。

これからのサムとBBの関係も気になります。

 

おっとデッドマンも無事だったようです。

残念です。

そのまま戦場で一生過ごしてもらっても良かったのですが。

 

そして色々と調べてわかったと言いながら、サムの過去、BBに執着する理由などをサムの気持ちも考えずにガンガン伝えてきます。

めっちゃサムの精神を削ってきますデッドマン。

やはりあのまま戦場に置いて帰るべきでした。

 

そしてサムのことだけではなく自分のことも打ち明けてきます。

戦場でも少し話しておりましたが、「自分はフランケンシュタインの怪物」らしいです。

 

「おれはただの肉人形。魂のないデッドマン」と言ってます。

人工的に作られた人間のようです。

それでおでこに傷跡があるのですね。

魂がなくても普通の人間と変わらない姿です。

人間が作れるなんて凄い科学技術ですね。

 

まぁ、とりあえずお互い色々と背負っているなということが確認できたようです。

裏切り者かと思っていましたが、そうでもないようですねデッドマン。

まだ完全に気を許してはいませんが!

 

二人の会話はダイハードマンには聞かれないように細工したとのことです。

まだダイハードマンの疑惑は晴れていないのですね。

まぁ良いです。BBも戻ってきたので、とりあえずこれでこの小太りさんから解放されることでしょう。

 

 


バックパックのカスタマイズができることに今頃気付きました。

色を変えたりポーチやバッテリー、姿勢制御装置などを追加で付けられるではないですか。

マジか。

もっと早く付けるべきでした。

とりあえず色を赤に変えて姿勢制御装置付けました。

 

ちょっとオシャレになりました!

さぁ今後はこのスタイルで配達しまくります!!

次の目的地はどこだい!?